No. 27 Bye bye ベトナムライフ。Hello アドベンチャー!

後半戦が始まって1カ月が経ちました。 今回の旅はRyonが居ないこともあり、ある意味メインは子ども達の幼稚園体験! 

ShikiとSotaは無事に?卒園しまして、短い間ではありましたが2人ともめっちゃ楽しい時間を過ごすことができたようです。 

8月のドイツはベルリンでの1カ月体験に続き、2度目の海外幼稚園体験でしたが、子ども達の中では比較対象がベルリンと東京とホーチミンということもあり、またしてもピュアな「なんでシリーズ」がたくさんw 「なんで保育園(東京)はお昼寝の時、先生がトントンしてくれて、ドイツはお昼寝したい人がして、ベトナムは先生が座ってるだけで、うるさい子を注意してるんだろ?」 「なんで保育園(東京)はお座りの時、"さんかく座り"で、ドイツはなんでも良くて、ベトナムは"おとうさん座り"(あぐら)なんだろ?」 「なんで保育園(東京)は近くの公園に遊びに行けて、ドイツは幼稚園におっきい公園が付いてて、ベトナムはずっと園の中なの?」 ※ホーチミンはとにかくバイクがヤバいので、道を歩くのがそもそも危険。のため、この幼稚園では園内にちょっとした公園やプールがあります。 

などなど。 言われてみると、たしかに!とか、そうなんだ!という質問も多くておもしろいです。

ドイツのやってみなはれ的なカルチャーに比べて、ベトナムは少し日本寄りな感じ。ローカルではなくインターゆえ、また日本も田舎じゃなくて東京だからとう話もありますが。 Shikiは1カ月でかなり英語が理解できるようになりました。単語から学習してないけど、センテンスの意味が分かるため、Sotaに翻訳してあげていたようです。 ベルリンの時も思ったけど、あともうちょい居たら話始めたんだろうなーというのが、ちょっと残念。 また、我が家のDNAとしてはガラにもなくw バレエをやってみる時間があり、本人は嬉しそうにやったことを教えてくれてました!

楽しかったなわとび

女子っぷり満点なビーズ遊び 

春から通う小学校はアフタースクールが充実していて、色んなことにチャレンジできるので、何に夢中になるか楽しみです。 

Sotaはちょっと英語慣れが遅れました。実はベルリンの時はクラスが別々だったのが、今回はShikiと一緒。Shikiの面倒見の良さに、Sotaのいい加減キャラが重なり、先生の話を聞かないSotaはほぼ毎日注意されるという 苦笑 それでも、途中から先生の話をちゃんと聞くと約束し、少しずつ英語が分かるようになったかな。だいたい覚えてるのは、キューレンジャーに関わる動物の英語だけど。

初めてのカラテw

プチ遠足で行ったミニ動物園

みんなからお祝いしてもらった誕生会 

最後はお世話になった先生と友達にメッセージカードをプレゼント。

先生達からも、なんと日本語でメッセージと笑えるトナカイ達をプレゼント。 

また違う国でも、幼稚園行きたいらしい!

心のどっかで、言葉や見た目なんて関係なく友達になれるという感覚を覚えていてくれたらなと、願う次第です。 そしてベトナムライフも終わり。

何より見知らぬ後輩に対し、快く家に居候させてくれたソルさんに感謝!また、インターンとしてお世話になったEvolable Asia社でのステキな出会いに感謝感謝です! さて。これからは?というと、、、ベトナム→スリランカ→インド→ネパール→日本!

旅人に戻ります。 ホントはインドネシアはジャカルタも行くはずが、Sotaの体調不良で叶わず残念 泣 スリランカのサバンナ。 インドのガンジス川。 ネパールの貧困小学校。 親子揃って未知の体験に、ワクワクです! 帰国はクリスマス。無事にサンタさんに間に合いますようにー! Kuni 


RECENT POSTS:
SEARCH BY TAGS:
まだタグはありません。