No.2 旅立ちからもう1週間!

Ryonです!もう1週間が経とうとしている!

なかなか書けなかったブログ。これから頑張ります^^ フライトは、カタール航空、激安(往復26万)の割に機内サービス全般クオリティ高すぎたし、ハブ空港として存在感を増しているハマド国際空港のスケールハンパなかったけど、ドーハでトランジットの際に息子の宝物のキューレンジャーの星座ブラスターを没収されるという悲劇からのスタート。 そして時差ボケからうようやく脱出。。。 そもそも、コペンハーゲンから2時間ほど離れたところのとある幼稚園に通いその寮に泊まる(もともとデンマークを最初の地に選んだのは理由がこれ)予定だった。税金25%の国で観光ビザの分際で、しかも超短期間限定で入れてくれとの交渉自体が無理難題なわけなんだけど、交渉に交渉を重ねた費用全額こちら持ちという条件で、なんと、幼稚園側からOKの返答。しかし・・・ここへ来て(それはさすがに〜)と、最後の最後に自治体からNGで、一週間ほど前に話がひっくり返ってしまった。。ということで、当初1ヵ月予定していた滞在期間を10日に短縮させ、前半はのんびり観光しながらw

今後に向けた情報収集、後半は教育機関の視察やインタビュー、そしてレゴの聖地訪問という形で予定を組み直した。 今ちょうどデンマーク滞在の前半が終わろうとしている。今回、宿泊はアニーシャ家にお世話になっている。ここコペンハーゲンのvanloseは東京で言う荻窪的なエリアだと思われる。ええ感じの住宅街。アニーシャは、16歳と12歳の娘さんと愛犬ルロのシングルマザー。仕事はセラピスト。ドラッグ中毒者や心に傷を負った人たに対しセラピーを通じて治療し自立を支援している(勝手なイメージだと、映画インファナルアフェアに出てくるケリーチャン的職業)らしい。家にたくさんのアートが飾ってあるんだけどその中で印象に残っているのがこれ。

Life does not have to be perfect to be wonderful.セラピストとしての価値観が表れているのかな?

平日は飛び回るかのごとく仕事し、土曜は年下イケメン彼氏が来て、われわれ夫婦とリビングのうっとりするような照明の中でダブルデート。

からの朝7時までクラブでオールの41歳。(週5回のワークアウトでナイスバディ)。彼女からは我慢という言葉を感じないw

お庭のトランポリンで1日に2時間は飛んで過ごすほど子供たちは大喜び。

次女のエミリアと友達になりたくて、でも英語が話せなくて、、と思考錯誤しながら彼女に近づく子供たち。

やっとエミリアとトランポリンで遊べたときは本当に嬉しそうだった。

子供たちとは毎日5キロ以上もの距離を歩き、夜は一緒にご飯を作り、これまでいろいろと端折って来た子供との関わり方についても考えること多し。あるいて10分もしないセブンイレブンに子供乗っけて電動自転車で行ってたな、そういえば平日もスピード優先でいつも自転車だったし、料理も平日は子供が手伝うと逆に汚れるから、テキトーにYouTubeばかり見せて手伝わせなかったなとか。今『時間』というものができて改めて見つめ直す機会になりそう。 と言うわけで、今後数回に分けて今回のデンマーク滞在についてレポートします。 あまり真面目モードも性に合わないので、なるべくライトにイキマス。一次情報を大事に。 -デンマークの食事、物価、公共交通などの生活周り -デンマーク人が大事にする『ヒュッゲ』は本当だった -クリスチャニアの衝撃とクリスチャニアバイクに乗りたくて飛び込み営業 -デンマークの「教育」。ふぉるけほいすこーれ? -幸福度No.2の国の「働く」ってどんな感じ? -LEGOの聖地の聖地っぷり -子供たちの変化

こちらは、コンビニの1000円ワインボトルも、えーー?ってくらい美味しい^^

また書きます! Ryon


RECENT POSTS:
SEARCH BY TAGS:
まだタグはありません。